自分自身のオリジナルを認めきると軸が出来ていく

The ray of awakening

lv

自分自身のオリジナルを認めきると軸が出来ていく

音声配信記事

2021/08/19 自分自身のオリジナルを認めきると軸が出来ていく

『自分自身を認めきる と、自分と異なる、他者のオリジナルも認めやすくなります。そして、自分自身の軸が出来てくると、自分と異なる基準で 行動する集団との『兼ね合いの揃え方』も育ちます。

まず『嫌わない』こと。人は誰でも、自分や、自分の大切にしているものを嫌われるのが嫌です。その上で『オールOK』と想える自分になる。オールOKになると、「自分もOK。相手もOK。その上で自分はこれを選ぶ!」と、判断基準や物事の基準、選択権限が自分に戻ってきます。』

 

 

人には、それぞれ個性があって、当たり前に同じ人間はいません。それぞれ、タイプが違う。そんな中で、自分と全く同じ性質、同じ考え、同じ秩序感で動いてる他人って、ほぼほぼ、いないんですよね。

たまに、同じタイプの人がいると、気持ちよかったり、心地よかったり、ナチュラルでいられるけども、社会には、色んなタイプがいる。そんな中で、自分の軸を保つ。相手も軸を保っていればいい。他の人たちも、みんな軸を保っていればいい。考え方は人それぞれでいい。互いが軸を持っていれば、自分と相手が違った場合、「あ、そうなの」で、終わるんです。「あたしはこう思う、あなたはそう思う。OK」。このOK感が大事なんです。違っていいの。同じじゃなきゃいけないってところがずれちゃってて。「周りと、同じ行動をしていないとまずい」という考え方が整えば 、「自分はこう思う。周りはこう思う。OK OKな上で、そこから始まるんです。自分がぶれることなく、自分が悪いと思わないところが原点になって、周りが、みんなこういう行動している。私はオリジナルだと、こういう行動をする。さて自分はどうしようかな?ここからです。

 

自分のオリジナルの行動の方がと比べて「合わせてると、私駄目だわ。疲れちゃうわ」となったら、「ちょっと今回はお休みで」とか、「そうだね。それいいけど、私ちょっと無理だから」って言って断ってもいい。自分は自分。自分の管理は、自分でしなきゃいけなくて。周りに何を言われようと、自分を保たなければいけない。体力も違うし、気力違うし。「私、巻き込まれ体質だから、あなた達と一緒にいると、なんかね、なんか自分がぶれちゃうのよね。」「嫌いじゃないんだけど、ちょっと所属はできないわ」とか「そうなんだね」て言って、周りの事は認める 

 

「私は私なんだね」でいいんです。その上で、「あまりにも行動一緒にしないといけないと私も嫌だわ」とか、「同じことをしたいわけではないけど、お喋りしてたいから」、とか。「たまには一緒にいてみたい」とか。自分の軸で、自分のスペックで、自分の管理をしながら、「周りにどれくらい合わせるか?」を、自分の基準で、自分のオリジナルで、自分の軸を大切にしながら、自分で配分をする。選択権が自分にあるんですよ。強く誘われたら、断れないのは、選択権を自分に保ちきれてない。という状態なんです。

 

「それでいいの?」っていう感じも、するんですけれども、それでいいんです。それぞれが、そうしてればいいんです。先に自分が進んじゃってください。自分のことは自分で管理する。それが自分にとっていちばん大切な事。

自分がどうしたいか?と確認しながら、社会生活、社会通念との兼ね合いを揃えていく。そこと、自分自身っていうものの配分。これ、こないだ見たら73で、自分を尊重しながらほどほどに周りに合わせる 配分を、7は外側でしたけどね。外側も整って、上手くいっててないと、自分居心地悪くなっちゃう度合いが、結構強めなので。周りへ配慮しながら、自分の軸、自分のオリジナル性は、確実に守りきる。その上で、ほどほどに周りに対応する。「だって、私は、家から出ないで、仕事もしないで、じっとしてるのがいいんだもん」ってなってしまうと、食べる物はなくなるし、何もなくなっちゃって、自分が大変になってしまう。周りに合わせるのが大切とは、そういう意味。食べ物が、目の前に出てくるわけじゃないから。それを揃えるためには、社会生活が必要ですよね。自分が過ごしやすくなるためには、ほどほどに周りとの兼ね合いを揃えて。上手くいくように、配分を考えつつ、ちゃんと自分自身のオリジナルの質っていうのを認めてあげてください。

「やあ、好きじゃないのよね、お外」っていう人だって、いっぱいいるんですよ。周りに合わせるのが苦手というか、「社会厳しい」、「生きるの辛い」という人。自分のオリジナルをしっかり 認めてあげてください。「これじゃいけないんだ」って思っちゃうところを、まず変える。「周りに合わせきれてない自分は悪い」っていう、この確定感が外れると、だいたい変わってくるんです。

周りに合わせられないのは、自分の仕様書として、それはそうなんだと、しっかり分かった上で、自分悪くないけど、自分が居心地いいためには、周りにほどほど合わせなきゃねっていう順番で進んでいく。「ここはOKかな」、「ここは合わせようかな」って自分で決められるようになる。周りに勝手に固められたり、縛られてるのは、きついんです。「自分は、自分で選んでいる」それが出来れば、楽になるんですよ。自分で選べないとか、選択権がないと、本当にきつくなっちゃって、心が縛られて、魂状態、縛られちゃうんですね。

 

元々は、地球の外から来た時に、「人間になっちゃった。人間って縛り大きい」という魂の履歴が関係する人もいたりしますけど、もう、いまは人間なので。人として生きる。自分の責任です。しっかりと今の現状を見据え 、人として生きている自分、そこにいる自分自身っていうものをしっかり保ちながら。自分自身って言葉には、身体もちゃんと含まれてますから。そこまで全部自分とした上で、オリジナルの質を保ちながら、周りに合わせる術を学んでいく。その順番でお願いします。

 

 

*こちらの記事は、さらナン音声配信を編集したものです 文・りんご

TOP