【土地の浄化】優和な大地の想いが地上に届くように

The ray of awakening

lv

【土地の浄化】優和な大地の想いが地上に届くように

さらなんブログ

2020/03/16 【土地の浄化】優和な大地の想いが地上に届くように

 

 

特定の地域の浄化をします

土地に溜まった人念が調整されスムーズに調いますように

 

 

・・・

 

 

①自分の身勝手を行い地域を乱した人々への許容を広げ

受け入れたうえで包み込み全体の運気を上げる

(人々の念に押しやられ、埋まり切って出られなくなった綺麗な土地のパワーが復活し、人を包み込み大地を潤す本来のパワーが戻るように)

 

②包み込んだ人々を癒し、本来の土地のパワーを増大し土地自体の安寧を調う

(人々に遠慮して「求められてないから」と抑え込んだ土地のパワーが遠慮なく発揮できるように)

 

③人々は未熟であり、土地の想いを知らぬのだと知る

(太古はエネルギー的な交流があり、人と大地とは仲間であった

その時代のまま大地は進み、人は時代によって変化をした)

 

④人々の怨念に負けず大地のパワーで地上を満たす

(古い時代に怨霊となる元…大地を使った施しがあったらしい。それに遠慮して留まった土地の存在がいらっしゃる

人々に遠慮して、人々が癒される仕事をしなくなった存在が、大地と共にうるおい人々を受け入れ過ごせるように)

 

⑤大地の中の違和を抜け出し安寧に調うように

(大地への仕込みとして結界に伴う施しがされた履歴。それに対し大地は遠慮をして是正を施さなかった)

 

⑥本来の姿を想いだし、本来の姿に調う

(昔の太古は大地と人とは仲良しであった

『いつかいつかとおもふうち』に人々の様相は変わり、大地を穢すようになった

穢すとは言っても汚染する気は人には無く…ただ無為に過ごし、認知度の落ちたまま『人の世』として暮らしているだけ

 

大地にはパワーがあり、それを包み込んで優和さを引き出す力がある

人に遠慮して達しない想いをこえて全体を想うように)

 

⑦必要不必要を見分け全体の中で調うように

(人々は気が付かぬうちに為してはならぬ溝を掘る…

掘ってはならぬ土地に杭を打たれても大地はそれを受け入れる

 

人々の認知度が下がった今は、伝えるべきことを伝える射詩を持ち

伝える気で伝需するように)

(大地のぱわーは調和のため、自然に「そうならない現象」を起こすことが出来る)

 

⑧人々による行いを見護り全体の中に調う

(地上で何が起きているのか、大地はそれそのままを認知しているわけでは無い

人々の想いが大地に浸透し、それを得て現代の状況を垣間見ている状態…

そんな中で、伝わってくる人々の想いは太古の様相とは異なるけれど

優和で愉しい想いが好きな大地は、えり好みするように好きなところとつながって居れば佳い)

(大地からの認め、確認は、自然と地上に届くから

自然な成り行きで優和な地上が広がっていく)

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました

TOP