ひとりが好きだけど孤独が嫌いな人のための雑談力③

The ray of awakening

lv

ひとりが好きだけど孤独が嫌いな人のための雑談力③

さらなんブログ

2020/02/08 ひとりが好きだけど孤独が嫌いな人のための雑談力③

そこまでして話さなければならないのか?

自分の好みでない人と話す必要はありません。けれども何かしらのタイミングで話しにくいく居心地の悪い状況に陥る場合があります。対処法を知っているだけで、『話している相手と居る時間』をそつなくこなすことが出来て、一生使えるスキルが付きます。

 

受け答えのコツを身につけると、なぜか同時に「人の輪に入れないのはコミュニケーション力が無いのかな?」と感じてしまう自分から抜け出せます。避けたくなるタイプがなぜ苦手なのかが理解出来ると『自分の中が落ち着く』のです。

同時に、話して楽しい相手や居心地よい相手、好きなタイプが理解出来て選びやすくなります。そこまで来ると『人の輪にはじかれたのではなく、自分が居る場を自分で選んでいるだけ』という感覚が身に付き自分が楽になるのです。

 

人とのコミュニケーションが苦手と感じるようになった人の中には『自分にとって苦手なタイプ』が身近に居るまま育ってきた…という場合があります。

そんなタイプが身近にいるからこそ『意思の疎通が出来ない体験』『自分の意見を聞いてもらえない体験』『相手の言っていることが分からないと感じる体験』を積んでしまい「人類のほとんどが苦手!」と感じてしまうほどに…自分の会話力のなさみたいな印象が付いてしまった人がほとんどです。

それは人の輪に入るのが恐くなった理由でもあります。そんなものは超えてしまいましょう!

聞くだけでなく、話しをつなげる

相手の趣旨に合わせた受け答えの仕方は重要です。

 

・自分と相手の中に共通点を作り上げること

 

・相談は大切。自分で決めるずっと前の前の前の「出だし」を人に話す訓練をする。解決の筋道への目測を『自分の中で見つける前に話す』と、本当の意味での相談となる。

話した相手の『自分にはない観点』での会話から自分の幅が広がっていく

 

 

あ。③にしたのに短かった!笑

 

 

 

そのうち書いたらアップする。

ありがとうございました

TOP