【自己発展】傾聴のスキルを身に着ける 8項目のリスト

The ray of awakening

lv

【自己発展】傾聴のスキルを身に着ける 8項目のリスト

後押しするためのリスト, さらなんブログ

2018/04/06 【自己発展】傾聴のスキルを身に着ける 8項目のリスト

 

【傾聴】とは

相手の言葉を聞くためのスキル

 

自己主張を抑えることで「相手の言わんとしている事が聞き取れるようになる」

相手の言葉を聞き取り、理解することで。自身の器は広がり「相手との合意点」を見つけやすくなる

 

 

~威圧的に自分の言動を通してしまう人でも出来る

【傾聴のスキル8項目】~

 

 

①「自分の見え方以外」の視点を知る

相手自身がどんな世界を眺めているか?に興味が持つ

「相手が何を伝えたいのか」を、相手の観点で聞き取れるようにする。

 

 

②「自分が言いたくなる気持ち」を超えて、相手の話を聞くスキルを身に着ける

人は「言いたいことを言い終えると、気が済んで相手の言葉を聞ける」ようになる。

相手の言いたいことを聞ききることで、自分の言葉も通じやすくなる。

『聞くための耐力』を身に着けると、同時に自分の器量がふくらむ

 

 

③分かってもらいたい気持ちを横に置いて、相手の気持ちが解るようになる

人の話を聞いてる最中でも「自分の言いたい気持ち」は湧いてくる

それは「自分を理解させたい・理解してほしい」という感情が元。

それでも【先に相手の気持ちを汲み取る】努力をする

 

 

④分かってもらいたい気持ちを、とりあえず自分の内側で処理が出来るようになる

言いたい気持ちが募ると、相手の言葉を聞くことが出来なくなる。

【自分をよけて相手の言葉を受け止めることに集中する】ことが出来るようになると

相手の話を聞くスキルが身に着く

 

 

⑤相手の言葉を「相手の言いたいまま聞き取る」スキルを身に着ける

必要なのは【相手の言葉を、言っている本人の気持ちのまま受け止めること】である

自分のフィルターを通さず受け止める。

自分とは異なる考え方であろうと、方針が異なろうと。まずは「相手の言うままを受け止める」訓練が必要

 

 

⑥自分から湧いてくる「自己主張の感情」の制御

【相手を威圧し自分の意思を通しきる】という質を持っている人は

相手の言葉を打ち切ってまで自分の言いたいことを主張するように話を奪ってしまうが自覚は薄い。

・自分の主張を通したい。分からせたい

・自分と異なる意見を聞きたくない

という特性を含んでいて「自分は間違っていない」という主張も強くあり

「全部聞かなくても相手の言わんとしている事は解っている!」という気持ちも隠し持っている。

 

→自分自身の感情の制御を行うことにより、相手の気持ちを優先し、自分の主張を抑えるスキルが身についていく

 

 

⑦『私はそう思わない』と思える相手の言葉を打ち消さずに受け止められるように

自分の観点が強いと、自分と異なる観点の言葉や見え方を跳ねのけてしまう。

自分の感情に蓋をし、相手自身の言わんとしていることを知らずに跳ね除けている場合もある

必要なのは【相手自身の気持ちを、そのまま聞き取ること】である

 

自分には理解できない内容であっても「そのまま聞く」

自分の観点では合理的でない内容であっても「そのまま聞く」

ひたすら「そのまま聞く」事で、自分の器は大きくなる

 

 

⑧理解できない言葉も、自分のフィルターにかけず「そのまま聞く」

人は、同じ霊長目ヒト科の生物であっても、中身の仕様は様々である。

自分とは異なる観念・主張・感情を持ち、自分とは異なるものを大切にしている場合がある

その『違いを知ることが大事』という事を知る。

 

「自分とは異なり理解できなくても。そのまま受けとめる気」で話を聞く。

理解できなくても。理解できないまま「相手がそう思っていることを認める」

 

「人の話をそのまま受け止める」のと「言われたままに受け入れる」のは違う。

 

相手の言わんとしていることをそのまま受け止め、自身の考え方との相違点を知ることで

初めて「合意点を探すための基礎」が整う

お互いの意見を知り。違いを知り。「折り合いのつけられる接点」を見つけ出すことにより

人との輪が調い、円滑な人間関係を築くきっかけが得られるようになる

 

 

 

 

 

***

 

以上8項目を元に、その他必要を探し出し【傾聴のスキル】を身に着けます

 

整い成り立ち器量を深めて成り行きますように

 

 

 

ありがとうございました

TOP